nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

 超初心者向け 相場のワークショップ 開催

f:id:nekojiro612:20210326144710j:plain

大田花卉市場はサクラ、サクラ


     超  初心者向け 

 

     第1回  猫次郎のうねり取り ワークショップ 開催



 下記の日程で、うねり取り ワークショップ 相場初心者相談会を開催します。

 

株式投資をやっていて、成果の上がらない人、損ばかりで儲からない人向けに、

プロのうねり取り、リズム取りの道具や技法の基礎を紹介する相談会です。

今まで色々やってダメな人、初めて株式投資をやりたい人向けです。

日本で唯一のアメーバ脱却、反射脳の作り方教室です。

 

1 道具の整備の実例 (場帳、月足グラフ、業種別終値折線グラフ、玉帳)

2 基本の2分割の具体的なやり方

3 基礎練習むけの有望な銘柄紹介

4 基本の教科書の紹介

5 指定銘柄のうねり取りの分割実技指導(共通の道具で同じ銘柄の銘柄をやります。)

 

======================================



1 日時     2021年4月11日  日曜日

         午後1時から5時ごろまで

2 場所     猫次郎 自宅  参加者にメールで詳しい住所をご連絡します

         連絡先メール nekojiro612@gmail.com

         JR熱海駅からタクシーで7分、千円ぐらい。

3 参加費用       11000 円

4 参加人数    10名限定(先着申し込み順)コロナ対策で三密回避です

5 各自30分程度の個別相談に応じます。(事前に質問を用意しておいてください。)

 

必ずメールにて事前にお申し込みください。指定する口座にお振り込みください。

連絡先メール nekojiro612@gmail.com

生徒の上達のイメージは、毎日1時間はコツコツ作業が出来る人が、資金500万円で年間500万円を稼ぐ方法、それを元手に10年で1億円を作るのが最初の目的です。

 (利益や成果をお約束する事ではありません。あくまでも個人の努力と能力の結果です。投資は全て自己責任です。)

難しいことは何もしないですが、毎日1時間は必ず手書きの作業が出来る人という事です。

 

猫の個人指導コースに参加したいが、遠隔地に住んでいる、仕事の都合で年間4回も熱海には行けないという人が僕のブログの読者の大半だろうと思います。

初心者動画コースでの例会指導を見ていると、具体性があってよくわかるのでぜひ一度参加したいという希望が多いですが、50名もの大人数のセミナーでは個別のことが詳しく聞けない。そういう人向けの個人向けサービスです。もう66歳なんで、いつまで出来るかわからないので、生きてるナマの猫に会いたい人は是非どうぞ。

 

各自、その後の指導用のはてなブログを作ってください。進行度を毎月チェックしますからサボれば1年で破門です。

 

参加資格

 

1 指定した道具を手書きでコツコツと書ける人(場帳、月足グラフ、折線グラフ)

2 1日1時間、手書きの場帳を書ける人(50銘柄程度)

3 毎月 5枚ぐらいは月足グラフが書ける人

 

初心者動画、空売り通信などの読者で、今までセミナーなどに参加した事がない方、一度道具の整備とはどういうものか現場を見たい人、リズムやうねり取りの詳しい具体法(例、10日以内の売買法など)の指導を受けたい人などのご参加をお待ちしています。

 

すぐに満席一杯になると思うので、2ヶ月に1回ほどの頻度で数回やる予定です。大きな会場でやると、各自に時間を取れないので三密回避もあって少人数限定で実施します。

 

ここからは猫の勝手な個人的な予想ですが、バブル相場がここからやって来そうです。3年ぐらいで指数が史上最高値=TOPIX 3000ポイントにトライする場面が出てきそうです。その後は100%確実に人生最大の悲惨な暴落局面になるだろうと思います。(過剰流動性の破裂!)

天井付近でドテンするには、買い玉でついて行くしかありませんね。そういう人のためのワークショップです。



 なお、ワークショップは動画で公開しますので、お顔が映るのがマズイ方はマスクとサングラスの着用をお願いします。また発熱、風邪の症状のある方の参加はご遠慮願います。

 

===============================

相場雑観



酒田罫線法は逆張り建玉法である。そのためにわざわざ細かい四本値の場帳を毎日つける必要がある。なぜか?新値を見るにはそれが必要であるからだ。

 

上げ相場の押しの陰線新値を  買う

下げ相場の戻りの陽線新値を  売る    が操作の基本である。

 

3月24日までの連続陰線を見て、底で売った人が相当数いるだろうと思う。酒田の建玉法と全く逆の事をしているから、買値が高いと当然損が出るだろうと思う。

突っ込んだら「買う」場面であり、その後2日戻れば今度は「売る」場面というのが酒田の定石であり、定石の操作をまず出来るようにならないと無論、上達しない。

 

ここで「恐怖心」が巻き起こる。底値に到達した時、「無限に暴落するんじゃないか?」と恐怖に駆られ安値をつける。その安値で投げるのが大衆である。(大衆=アメーバ脳の人)

ごちゃごちゃ余計な事を考えるから投げてしまうのだ。「ツッコミは買え」という酒田の定石を守れば、買値の平均は下がり、2、3日後の戻りを売れば、売値の平均は上がる。それを相場では「うまい」というのである。大衆と真逆の行動が出来ることが、達人への入口なのは言うまでもない、

 

馬鹿(アメーバ脳)は死んでも治らない。いつもそう思う。