nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

『究極のバリュー株投資法 完全版』をご利用ください。

 

f:id:nekojiro612:20210727075838j:plain

究極のバリュー株投資法 完全版  65000円

nekojiro 612@gmail.com

 

こんな時こそ『究極のバリュー株投資法 完全版』をご利用ください。


1  投資法動画 22 タイトル   64GB

2  50年グラフ素描用の月足資料 30銘柄

3  天井、底値付近の 売り足、買い足の典型例の線組資料

 

以上の3点を郵送でお届けします。

代金は 65000円*税、送料込み

 

 

 捕まった玉の解し方、繋ぎ売りの具体譜面、空売りの仕掛けから買いドテンへの操作例など現在の玉の処理法なども記載されています。

目先の高値圏では、ロングとショートの両方の玉操作の組み合わせができないと利食いになりません。つまり現在の状況です。

ハイテク、半導体、海運株をショートして、非鉄、鉄鋼、石油エネルギーをロングするという組わせとバランスです。

www.youtube.com

 

キャシー・ウッド氏、中国株の売却進める-当局の締め付け強化で

  • 先週は毎日、テンセントとKEホールディングスの株式を売却
  • 中国株ポジション削減はウッド氏旗艦ETFの成績回復に寄与
 

アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏は中国株の売却を進めている。中国当局による民間事業締め付け強化を受けた株価下落が背景にある。

  同社のトレーディング活動に関するデータによれば、先週は毎日、ハイテク大手テンセント・ホールディングス(騰訊)とオンライン不動産取引プラットフォーム、貝殻找房(KEホールディングス)の株式を売却していた。

  中国規制当局が同国経済に対する支配力強化でますます思い切った措置を講じる状況にあって、ウッド氏の中国株離れも加速している。ウッド氏の旗艦上場投資信託ETF)で、資産額230億ドル(約2兆5400億円)の「アーク・イノベーションETFARKK)」が現在保有する中国株の割合はわずか0.32%と、2月時点の8%から大幅に減少した。

  このほか、「アーク・ネクスト・ジェネレーション・インターネットETF」が保有する中国株の割合はまだ約3.8%に上るが、今年早い時期の約9%からは減っている。

関連記事

Crackdown Slump

Chinese stocks tumble amid increased regulations from Beijing

Source: Bloomberg

 

  ミラー・タバクのチーフ市場ストラテジスト、マット・メイリー氏はウッド氏による中国株ポジション削減について、「責任ある行動だ。中国が次に何をしようとするかにはあまりにも多くの不確実性がある」と指摘した。

  ウッド氏のこうした動きもあって、ARKKは5月に記録した年初来の低成績から20%余り回復した。テンセントとKEホールディングスは今年の高値から60%強下げており、両社株の売却が成績回復に寄与した。 

  インディペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザカレリ氏は「中国経済と同国企業にはとてつもなく大きな成長の潜在力があるが、自らのポートフォリオについて、政治・通貨リスクにどの程度のエクスポージャーが望ましいか熟慮するのが重要だ」と話した。

 


www.youtube.com

4月以降、現在まで上手に資金回転ができていない人は是非何度もご覧ください。

 

 

==============================

 

このブログやメルマガは猫次郎の考え方を書いたもので特定の銘柄及び指数に関する商品の売買を推奨または指示するものではありません。

銘柄の値動きについては想定と違う場合もあります。投資される場合は読者の方独自の責任で行われるようお願いします。