nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

ノマドランド

f:id:nekojiro612:20210912181800j:plain

 

休日を作って何もしない。金曜日は本屋に行って1日サボっていた。昼飯は箱根板橋という駅の側にできた、如春園という紅茶とカレーの店に行った。

 小田原近郊にすむ人は是非一度行ってみて欲しい。昼しか開いていないけれど、実に素敵なカレーが食べられる。僕は3種のミールというのを試したが、とにかくスパイスが素晴らしい。家庭では決して真似ができない高いレベルのカレーだ。

 ここは自家農園で栽培したお茶の葉を自家焙煎している。これも素晴らしい。情報は「海の近く」というフリーペーパーからだが、この雑誌の推薦する店は、どれも良い店が多いので、湘南地区(葉山から湯河原まで)に住む人はこの雑誌の店にいくのが良いと思う。足で丁寧に回った取材である。編集者がご馳走好きだという事だ。

 

 午後は、湘南TーSITE で本を買う。今回は 今年のアカデミー監督賞、主演女優賞を取った「ノマドランド」の原作を買った。1日で半分読んだ。現在のアメリカの高齢者の生活スタイルを徹底した取材で書いている。ジャック ケルヤックの「路上にて」以来の、移動生活者のスタイルと思想と経済の本だ。アメリカの没落した中産階級が、家を捨てて、車で移動しながら1年を季節労働者として生きる、老いた現在のカウボーイたちの物語である。拳銃の代わりに彼らは、アマゾンの倉庫でスキャナーを翳して生活するのだ。

ギグワーカーというのはアメリカでは若者ではなく60歳以上の年金では老後が成立しない老人たちの事を言うのだ。おそらく10年後の日本でも同じことが起きるだろうと思う、未来暗示的な小説だ。コロナどころの騒ぎではない。

 

 本を買って、時間があったので、孫の秋の服を買いにララポートでお買い物。衣料品は実に安くなったと思う。中国やバングラディシュが作っているんだろう。

 

 夕飯は茅ヶ崎の くうかい に行った。5時半ー8時で、金曜の夜に客は僕たちだけだ。以前は当日予約では取れない席だったが、今はガラガラ。

なんで政府の言う無意味な事を日本人は守るのだろう?馬鹿しかいない馬鹿な政府の言う事をなんで守るのだろう?頭が悪い人が多すぎる。そんなこと守っているからいつも貧乏籤なのにね、、。

今週は2日、来店ゼロの日があったという。夜の飲食店は壊滅的だが、店主は意地でやっているという。気の毒だがこれが酒を出さない正直な飲食店の現実だろう。『自粛の徹底』と言うネオンサインが国道135号の随所にあるが、『自粛』を徹底して要請すること事態が言語矛盾である事を標語が無意味な事を証明している。政府官僚政治家は全員バカ丸出し。僕は一斎きかない。イベルメクチン飲んだら好きな事をするのよ。 コロナというのは人と同じ事をするとかかる感染症なんですよ。人がいない所に行って食事をすれば感染するわけ無いじゃない?家で食事をしたから、家庭内感染なんだろ?頭を少しは使えよ!



 金曜から日曜まで、場帳を書いて、折線を更新した以外は何もしなかった久しぶりの休日だった。

 1週前に新生銀行新安値とスルガ銀行が安かったから買い玉を入れた。

TOBになって新生がストップ高、スルガも上げた。非鉄が上がると思ったから、5707、5706、5541を買えと2ヶ月前から通信で推奨したが、それも上がった。

おそらく大規模なローテイトが始まったのだろうと思う。当面バリュー株優位の時間がやってくると思う。

長い月足グラフや折線グラフをコツコツ書いている人には納得できると思う。