nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

ポジショントークは控えめに

f:id:nekojiro612:20210915225552j:plain 

 このブログには相場のことがかなりの比率で記述されているので、閲覧する人の多くは相場好きな人がおそらく多いと思う。古くは2005年からもう16年もずっと僕のテキストを読んでくれている人もいるほどだ。そういう古くからの読者は、2005年からのねこ塾の頃からのコンテンツをご存知だから、限定的な有料会員のコンテンツに僕の本音が集中していることを理解している。


f:id:nekojiro612:20210915225627j:plain

 「僕の上がる、下がるは当たらんよ。」と何度書いても当たりを期待するのは人情だから仕方のないことだが、それを追いかけているうちは相場技法が洗練されて、自分なりの感覚や技術を洗練することは困難だろうと僕は思うので、まずは道具の整備から初めて、自習的に自分で上達する方法と練習コツコツとを続けて欲しいと思って、相場専用のコンテンツ

 

 1 空売り通信

 2 初心者動画

 3 個人指導コースやWORKSHOP

 

を有料で配信している。いわば新聞とか雑誌とか動く雑誌のようなものである。内容は見本誌のように、個人的な売買譜面を中心に、分割売買を 買いと売りの 両面から例示している。どんな職業でもそうだが、一人前で活躍できるにはそれなりの基礎の確立がまず最初に求められるのは当然で、相場を職業で考える人にとってもそれは当然の事実だろう。そういう部分を吹っ飛ばして、ポジショントークを見にきても幸運は訪れないと僕は思う。

 f:id:nekojiro612:20210915225656j:plain

昨今は人生の興味の中心が「相場」から段々と離れて、普通の生活についてばかり書いている。

 

料理と調理、住居、自動車、読書、健康とコロナ、資本主義と天候、レストランと喫茶、

東京と湘南と熱海、何でも書く。生活することの方が、相場より重要だと感じることの方がずっと増えてきたという実感だ。命の時間に限りがあるという意識が立ち上がってくれば当然だ。やり残しの無いように、そして何かやり残しなのか?


f:id:nekojiro612:20210915225734j:plain

 相場というのは金儲けの一部なのだから、別段大きく特記する事項は会員様専用部分だけで良いかと思うから、頻度は月に数回書けば十分だろう。注意するのは僕個人のポジショントークに影響される人が多いだろうという毎度の傾向だ。当たれば良いが同じ程度で曲がるのだから(長い間では当然そうなる)、当てにならない事など見ない方が精神安定上宜しいかと思う。

 

 10年前に東京都心を離れて、人生で初めて田舎に住んで(住所は 静岡県田方郡という市でもない場所で猪が出る山上の別荘地だ)みて、こういうゆっくりした世捨て人のような生活も中々新鮮な刺激だった経験。とかく忙しい時間(つまり時間は相対的速度で進行するのは人間の密度と関係性に依存するという現象)を人生から省けば、意味の目的地が全く変わるという事だ。

 

「自分がやらない事をこの人はしている。」とか「自分の知らない事をこの人は知っている」というような実生活の具体的で実用的な技術の重要点しか人の身体的な行動を変える起点とはなり得ない。誰にでも勇気だけあればやれそうな事、そう考えて僕はブログを書いている。