nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

TegolaでEV人気を考える

f:id:nekojiro612:20211116203018j:plain

 

 

f:id:nekojiro612:20211116205046j:plain

 

 

f:id:nekojiro612:20211116203156j:plain

 

 

f:id:nekojiro612:20211116205216j:plain

 

 

f:id:nekojiro612:20211116205335j:plain

 

 

f:id:nekojiro612:20211116205425j:plain

今夜は打ち上げ

 

f:id:nekojiro612:20211116210109j:plain

 

16日の米株式市場で、電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブが5営業日続伸。時価総額は先週の新規株式公開(IPO)以降で2倍余りに拡大し、今や独フォルクスワーゲン(VW)を上回っている。

テスラでもそうだったから、EVというネタがあると現在の相場はとんでもない高値をつける。この種の現象は人間の期待の市場化という事で、500年以上も前からずっと続いてきたから、歴史を知っている人なら「ああ、またね、、」という事に過ぎない。やがて数年すれば元に戻ることが大半で、近い時期では2000年のドットコムバブルというのがあった。

 別にネタはなんでも宜しい。EVでもAVでもメタでも大衆を騙せそうならなんでも宜しい。

千三つで実現しなさそうなものほど良いだろう。金持ちがEVを買うとは到底思えないし、そもそもそんな不便なもので生活できるわけがない。僕の億ションはパレット式のパーキングが30台ある。ベンツとBMWAUDI,ポルシェにレクサスで9割だが1台もテスラはない。充電が出来ないからだ。それで普及するはずがない。パレットそれぞれに充電可能な装置を開発するのに数年、普及にも数年、つまりそれだけでも10年以上かかる。住民の平均は70歳以上だから、普及する頃に生きている人はいないだろう。(爆)資産が何億円もある人の全員が買えないのだね。それでどうやって無駄なものが売れるのか?常識で考えれば不可能なのは明白だ。水素の方がまだ可能性がある。

 

 まあ漫画とか劇画のようなものであり、それに乗ってCO2が少し減っても、石炭発電でそれ以上にco2が出るので無意味である。大衆を騙して車を買い換える戦略の需要喚起策に過ぎず、利口な金持ちはそういう見え見えの愚策には乗らない。

 テスラでもリビアンでも 1−1と両建てで目先の上げについて行って、天井付近で−1を利食いして、1ーと売り増して 2−0のドテン。後はニヤニヤ売るだけだ。EVを買うよりEVをショートする方が10倍、20倍儲かる。マイケルバーリがやったように、、、(爆)

 

 

あの時もインターネットの夢を買って、9984が1万円以上に買われ、その後千円割れまで売られた。20年過ぎて、大半の市場参加者が死んでいなくなるとまた同じ事が起きて、今年の3月には一万六百円まで上がって、また六千円割れまで下げ始めている。

50年以上の長期グラフを書けというのは、そういう馬鹿らしいほどの投機熱が10年以上のサイクルで反復するというのが視覚的に理解できるからだ。

 

 そうそうco2をプリウスの30倍出す、V8メルセデスのドライブはとても楽しいよ。人気がないからとても安いが、乗り味は最高だ。どう、一台買ってみれば?

確かに税金やガソリン代は少し高いけど、年間で50万か100万余計にみればどうという事はない。銀座で2、3回飲んだらそれぐらいはかかるだろ?