nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

ホテル キャンセル

 f:id:nekojiro612:20220118104050j:plain

1月19日、20日と東京見物の予約を入れていた芝のホテルをキャンセルした。おり悪しく、ちょうどコロナのオミクロンが到来して、マンボウが出そうでコロナピークと一致しそうなので、わざわざ急いでそんな時に東京に行かなくても良いかということでキャンセル。

今回はキャンセル料金はかからないそうだ。ホテルも大変だろうなあと思う。

日帰りで仕入れだけしてトンボ帰りしてくることになった。

 

 そもそも暇だからホテルが安いのだ。それでもキャンセルされるのだから大変だろうと思う。無理に行っても、酒は多分飲めないだろうし、店は20時閉店だし、満足に遊べないだろうということで、春になって落ち着いたら行くことにする。オミクロンが一気に拡大したので、こんなに急拡大するとは思わなかった人も多いだろう。

 でも2日ほど熱が出ればすぐに治るという事らしいから、弱毒化してそのうち普通の風邪のようになる事を期待したいと思う。欧米に比べて、アジアや日本は軽症で済んでいるようだ。ファクターXというのがきっとあるんだろう。

 

 僕は、市販のイベルメクチンを2週置きに12ミリ飲んでいる。あと亜鉛とビタミンC、Dを飲んでいる。アメリカの医者が予防効果が抜群にあるという処方を公開していたので、その通りに服用しているが、全く感染したような気配がないので、きっと有効に作用しているのだろう。イベルメクチンはインドの会社がジェネリックで作って、台湾からシッピングしている。安い薬だから誰でも買える値段だ。安全と予防のために個人輸入すれば良いと思う。

 

昨夜は伊藤家の壺に久しぶりに行った。前回の7月は息子の奢りだった。息子の会社の金周りが良い。内装解体業は現在異常に儲かるバブル状態がずっと続いている。経費で車をどんどん落として買い替えだ。しばらくは最高益をどんどん更新中だという。85歳の婆さんにお年玉を5万包んでいる。75歳親戚の婆さんの事務所の掃除の時給が4000円だ。車内で最高時給らしい。(爆)

コロナの選別受注で単価がどんどんと上がり、受注を3割は断るほど忙しいらしい。、コロナで倒産、閉店が続発して仕事が間に合わないほど多いのだ。

 だからどんどんと経費で余計に落とさないと税金ばかりが増えてしまう。毎月2週間ほど南の島に家族ぐるみで遊んでいる。沖縄、石垣、奄美と毎月東京から2週ほど離れているが、テレワークで対応十分なようだ。受注は商談がZOOMベースでないと受けない、直接面談はしない、一切の値引きには応じず、半金前払い以外は受けないでも仕事が多すぎて困るようだ。

 

コロナで倒産や廃業が増えれば増えるほど仕事が増えるという業界なんだろうと思う。

コロナの前後で、中小企業の状態もこのように様変わりしているケースもあるのだろう。

成功した理由は、特殊な難しい仕事に特化して、受注単価を2倍以上に上げたことが良かったようだ。資本主義の特性、差異化戦略が当たったということなんだろう。すでに使いきれない金を持て余している。サラリーマンが出来ない家系なんだなとつくづく思う。