nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

ZOOM教習 5/27 予告

 

長男が宮古島から4キロのメロンを空輸してきた。僕は2個9000円の高知のメロンが定番になっている。

たぶん10倍のコストなんだろうがまあ大儲けして税金払う分より親孝行だな。

そのうちベントレーGTCでも買って請求書を送ってやろうかと思う。

 

 

 

 

 

日曜日の個人指導コースの一部分は、公開ZOOM教習としたところ、多くの新人が閲覧したようだ。2時20分から切れたのは僕の操作ミスだった。

 

猫塾生徒のメンバー以外のアクセスが多かったようで、ログを見ると知らない人が多い。多分、大損をして困っている人が増えているのだ。信用の評価損率を見れば退場寸前が激増している。ハイテクやグロースをロングした人が現在どんどん死んでいるのだ。そう言う死に損ないの口にホースを突っ込んで殺すのが猫のショートである。

 

 この2−3年で新人さんが新規で投資、投機の世界に入ってきたのは、ネット証券会社の顧客数の増加を見ても明白だ。彼らは全く過去の相場を知らないので、無邪気に米国のGAFAM中心のハイパーグロース銘柄を買ったり、S P500のインデックスを買えば資産ができると信じている。哀れな事に芸能人の一部がビットコインで短期間で大儲けしたのを見て、それを真似ているようなケースも多い。

しかし相場の良い時間はいつでも長くは続かない。古の相場師達に弱気の循環論者が多いのは周知の事実である。ジョージソロス、マイケルバーリ、スタンレードラッケンミラー、ジェフリーガントラック、ジムロジャースなどだ。

全員が爺ですでに棺桶に片足を突っ込んでいるという時間的意味で僕も同様だなと思うが、さて彼らも僕も21年の年末から22年の年初がどうやら米国株のピークになりそうだという事でショートの布陣を張った。インフレが強まり、FRBが金融政策を失敗して急激に政策金利を上げざるを得なくなると踏んだんだろう。

案の定、その通りになって、米国株は崩れた。成長株が暴落して半年でテスラは44%の墜落となった。破壊的イノベーションなど見る影もないほどの暴落で、キャシーウッド自身が見る影もないほど破壊されてしまった。彼女に心中した若者が多いのだろう。

 

 給付金を三回貰ったアメリカの新人達はミームビットコインで当初は大儲けしたが、あっという間に大きな損失を抱えて身動きが取れない状態になっている。

ナスダックと仮想通貨の時価総額が5ヶ月で8兆ドル吹き飛んだのだ。2008年の実にサブプライムショックの6600億ドルの12倍である。それで経済がおかしくならないはずがない。彼らの消費が急減したのはターゲットの減益に直ぐに現れた。この調子では4−6月期のGDPがマイナスとなってリセッション入りも現実味を帯びている。

S P500の8週連続安は1930年、世界大恐慌以来の下落記録である。相場の景色は一変したのだ。

 

そんな中で『グロースをショートして、バリューをロングしろ』そう吠えてきた猫だが、27日のZOOMセミナーは出張先の河口湖湖畔の別荘からすることになった。

今回はパソコン1台とカメラのみだから、『特選、2022年後半に向けての買い銘柄候補特集』をやろうと思う。

 

ショートの数銘柄のグラフもあるが、主としてSBI証券のチャートから30銘柄程度のロング推奨と僕の売買譜面を解説する。

相場で現在うまくいかない人、損害が出ている人は、早く修正する方が傷がずっと浅くなる。そんな人は相場のやり方の基礎からやり直す必要がある。10年、20年と相場で金を稼ぐには、基礎の感覚の醸成と玉操作の技術が必然に必要だからだ。猫塾はそういうプロの技法の学びの場である。

新人用の教材、初心者パックを買って、動画の通りにやれば良い。相場上達への入り口である。リアルで色々と知りたい人はZOOM教習に参加したら良い。バカでも理解できるようにクドイ解説をしている。

米国株、仮想通貨、グロース株の買い持ちは資金が今後半減か4分の1ぐらいに減るだろう。2002年から2000年にかけての暴落が現在再現されている。

当時9984は1万円から300円に暴落した。今回はまだ5000円台でウロウロしているが、秋にかけて2600円を見に行くだろう。買い持ちはドテン売りに修正する必要があると個人的には思う。

ZOOMは評判が良いので、今後も続けていこうと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

免責事項 投資は全て自己責任です。本通信の記事、内容に関してはあくまで猫次郎個人の感覚的な意見であり、実行者の結果の成功を保証したり、約束したりするものではありません。