nekojiro612’s diary

孫の小遣い稼ぎの空売りマン

zoom第3弾 募集中(9月から11月まで)

猫次郎先生

 

いつもお世話になっております。Kです。

先日はzoomで例会の様子を見させていただきました。

その場の雰囲気までわかって、地方在住者にはとても良い企画だと思いました。

 

この度zoom講習会のご案内をいただき、ありがとうございます。

ぜひ参加させていただきたく、申し込みいたします。

 

また、2021年過去動画集も予約申し込みさせていただきます。

動画集代金は本日振込いたします。

zoom講習会料金は参加OKとなりましたら振込させていただきます。

 

1月は8698や4751などが空売りで回転し、バリューも月央高値で3分の1くらい利食いで落とすことができました。

欲をかかずにスパッと売って買い戻すことが少しずつですができるようになってきたと感じています。

動画やブログでのご指導のおかげです。ありがとうございます。

引き続きご指導よろしくお願いします。

 

            I県在住の     K氏のメールより

======================================

 

地方在住のKさんからご注文を頂いた。

「熱海は遠い、行くのは不便、コロナもあるし、、、」と感じるのは当然で、僕も地方に住んでいたら、熱海には行けないなあと思う。仮に鹿児島に住んでいたら(マダムの生地)、熱海往復に3日はかかる。旅費だって10万は最低でもかかる。1万か2万の講習会に行くのに10万なんて払いたくないのは当然だろう。コスパが悪すぎるし、、。

 

東京見物のついでに行くならまあ良いかというほどの期待値だろうと思う。

 

僕は埼玉の浦和という場所で生まれて、ずっと東京23区内で57歳まで暮らして来たから、地方に住む意味が全く分からなかった。やってみると良い部分と不便な部分があるのだ。静岡に住んで困ったのは、良い高級な映画が見られないことだ。ハリウッド映画は見られるが、少し高級な文化的映画は全く無理で、東京かせいぜい横浜に行かないと見られない。文化のギャップである。

 つまり移動コスト、移動時間のハンディーキャップがある。そのせいで地方都市在住は若者に人気が多分ないんだろう。

 

インターネットやzoomが凄いのは、それをある程度解消したという事だ。Amazonをポチると翌日には商品が届く。猫次郎の動画だって、ポチるとUSBなら数日で届く。(郵送4日、黒猫翌日)ZOOMならリアルタイムで参加できるし、録画も後から見られる。コロナの前後でこのような生活スタイルの変化が生まれた。画期的で使用しない手はない!

 

 僕はどちらかと言えば、面倒な事は嫌だから、誰かに教わらないと新しい事はやらないタイプの面倒くさがり屋だ。(社長だったからずっと部下にアーしろ、コーしろと偉そうに命令していた)楽で良いが、細かい部分を覚えないのがマズイな。という事で今回は色々な人に教わって、動画やzoomをやることにした。

 

67の爺がYOUTUBEやZOOM をやるので、トンマな録画ミスが多分出るが、解説はその分クドイほどやるつもり。

キモは戻り売りを地味にやれということ。押し目買いと戻り売り、それだけ1000回やれ!1回1万利食いで1000万だ。猫の講習代なんて2、3日で取れてすぐ笑話になる。

10日以内の逆張り売買で10億作った男の話が、林さんの脱アマ相場師列伝にあるが、そのシュミレーションをzoomでやるのがこの企画だ。だから小遣い銭が欲しい人はやってみれば?という事。

 

100名生徒がいて、僕の過去動画を見て同じことができるのは毎回多分2、3名しかいないです。詳しく見せても出来ないのね。頭がちゃんと反射しないからです。動かない頭を蹴り飛ばして動かすのが逆張りなんですね。それをzoomでやりますという事です。

 

奮ってご参加ください。こんな企画他にないでしょ?

==================================

2月に始めたZOOMの広告がこれだった。2弾をやって95名が参加したり、

無料ゼミだと六十名が参加したりと、やはりZOOMは便利だから人気がある。

参加者には成功して、月給の4倍なんて人も出ているので、効果抜群の場合も出ている。

うねり取りがどうしても上手くできない人、空売りが怖くて出来ない人、道具をどう使用して玉を動かしたら良いのかわからない人、相場の結果が損の人など、いろいろなケースがあると思う。

そういうお困り部分のかなりを解決するヒントがzoom教習にはギッシリと詰まっている。お困りの人はまあ六回ほどの一連のスクーリングを受けてみれば良い。

 

ただし、やるからには、ちゃんと教師と同じ道具を揃えることだ。それをしないと、提灯だから、いつまでたっても感覚が出来ない。感覚がないのなら確率以上の結果は出せっこ無いのだな。要は個人の感覚が全ての世界がうねり取りである。

六回一万五千円なんてタダより安いぞ。他ならまあ最低でも15万は取るだろうと思うな。特にこの秋はヤバい季節だから、買い玉ある人は注意だぞ。売りの方が多分大きく取れると思うよ。(曲がったらごめんよ。)

 

日程 9ー11月の第二、第四金曜日 21時から23時まで 六回で一万五千円

教習試聴希望者はメールで申し込んでください。 nekojiro612@gmail.com

8月後半にパスを配布します。

 

 

究極のバリュー株投資法  65000円

究極の売りのテクニック  65000円

2021年 全動画週   65000円  絶賛発売中!ぜひご利用ください。

=================================

7-12月(下期)には深刻なリセッション(景気後退)とドル高のリスクが高まるため、米国株はさらに下落する可能性があると、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストらが指摘した。

  マイケル・ハートネット氏らストラテジストはリポートで、株式と社債はともに緩やかな景気後退を織り込む水準に近づいているが、4-6月(第2四半期)決算シーズンが予想よりも悪い場合、株式市場は「全面降伏」する可能性があると分析した。

  S&P500種株価指数は14日まで5営業日続落。景気後退懸念に加え、決算シーズン初期の傾向は企業がマクロ経済見通し悪化の影響を受けていることを示唆している。BofAのストラテジスト、サビタ・スブラマニアン氏は14日、年末のS&P500種の予想を20%引き下げ、3600とした。

 ハートネット氏はさらに大きな下落を想定。下落が比較的軽微で済む場合で3600、中位で3300、大幅なら3000という水準を挙げた。

  EPFRグローバルのデータを引用したBofAのリポートによると、13日までの1週間には世界の株式ファンドから29億ドル(約4000億円)が流出。米国株は3週間ぶりの流出となり16億ドルが引き揚げられた。世界の債券には16億ドル、マネーマーケットファンド(MMF)には151億ドルが流入した。

======================================

====================================

        免責事項

 

本資料、セミナー、通信等の資料や猫次郎のお届けする全てのコンテンツは、勉強のために作成されたものであり、有価証券の取引、その他の勧誘を目的としたものではありません。

投資、投機に関する最終判断は、お客様ご自身のご判断でなされるようお願いします。

 

 本資料および資料にある情報をいかなる目的で使用された場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、その使用の結果について、当方は何ら責任をおいません。



                 猫次郎